茨城県立図書館

メニューをスキップして本文へ

文字サイズ

  • 標準
  • 大
  • 最大
  • English
  • 携帯サイト
  • サイトマップ
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ

図書館で学ぼう!健康・元気アップ講座 鉄欠乏性貧血について

講座の内容

鉄欠乏性貧血とは,体内の鉄分が不足することで発症する貧血のことです。

赤血球に含まれるヘモグロビンは全身に酸素を運ぶ役割を持っています。

鉄分が不足していると,ヘモグロビンの量が少なくなり,全身に十分な酸素が供給されず,動悸や息切れなどの症状が現れます。

鉄欠乏性貧血は,貧血のうち90%以上を占める最も代表的なものです。

月経のある女性は鉄欠乏性貧血になりやすく,10人に1人程度が鉄欠乏性貧血ともいわれています。

今回の講座では,鉄欠乏性貧血の説明,診断,治療,予防についてお話しします。


講座のチラシ(PDF 124kb)はこちら


なお講座の年間予定のチラシ(PDF 357kb)はこちら

講師

(独)国立病院機構 水戸医療センター 副院長 米野 琢哉 氏

(独)国立病院機構 水戸医療センター 栄養管理室長 比嘉 並誠 氏

開催日時

平成31年2月14日(木)14時~15時

 

申込

事前の申込は必要ありません。どなたでも,御自由にお聞きいただけます。

参加者数が多い場合には,入室できないこともあります。

場所

会議室1・2(3階)

エレベーターをご利用ください。